ホーム > IT > Google Chrome > Google Chrome 閲覧履歴を消去する キャッシュ削除
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

Google Chrome 閲覧履歴を消去する キャッシュ削除


Google Chrome 閲覧履歴を消去する キャッシュ削除



Google Chrome で F5キーを押すなどして Web ページをリロード(再読み込み)をすると、そのページについては、Web サイトから最新のページを読み込んでくれるのですが、Web ページの造りとして、インラインフレーム等が利用されて、そのページからさらに先のページが合わせて表示されているような場合、先のページについては、キャッシュにある古い情報が利用され、画面表示が更新されません

その部分については、キャッシュの保存期間が切れるまで、古い情報が更新されませんし、ページによっては、新旧入り乱れ、レイアウトデザインが崩れたり、内容に矛盾のあるページになってしまいます


IE (.Internet Explorer) のように、インラインフレーム部分を含めて、そのページ内を全て更新してくれるといいのですが、現状では、ユーザー側にて Google Chrome のキャッシュをクリアするしか手がありません

Google Chrome でキャッシュをクリアするには、Google Chrome 拡張機能(アドオンソフト)を利用すると便利ですが、Google Chrome オリジナルの機能を使用する場合、Google Chrome デベロッパー ツール、もしくは、「その他のツール」から「閲覧履歴を消去」を利用するすることになります


ここでは、「閲覧履歴を消去」を利用してキャッシュをクリアする手順をご紹介します


※.Google Chrome 拡張機能(アドオンソフト) を利用してキャッシュをクリアする方法については、「 Google Chrome ワンクリックで キャッシュ削除 「 Clear Cache 」 」 を、Google Chrome デベロッパー ツールを利用する場合は、「Google Chrome デベロッパー ツールで キャッシュ削除」 をご参照下さい (別タブ(ウィンドウ)が開きます)



Google Chrome 画面右肩にある 「≡」 (三本線) アイコンをクリックして表示されるメニューから、「その他のツール」 → 「閲覧履歴を消去」 をクリックします




Google Chrome 画面右肩にある 「≡」 (三本線) アイコンをクリックして表示されるメニューから、「その他のツール」 → 「閲覧履歴を消去」 をクリックします
「閲覧履歴データを消去する」設定ダイアログが表示されます




「閲覧履歴データを消去する」設定ダイアログが表示されます

「次の期間のアイテムを消去」を「すべて」に変更します 「Cookie と他のサイト データ」は、Web サイトにログインしたりする際の重要な情報が格納されていますので、チェックをはずします 「閲覧履歴データを消去する」をクリックすると、キャッシュが削除されます

「次の期間のアイテムを消去」を「すべて」に変更します

「Cookie と他のサイト データ」は、Web サイトにログインしたりする際の重要な情報が格納されていますので、チェックをはずします

「閲覧履歴データを消去する」をクリックすると、キャッシュが削除されます
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > IT > Google Chrome > Google Chrome 閲覧履歴を消去する キャッシュ削除
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

参考情報


Chromeのブラウザキャシュを簡単に削除する2つの方法+普通の方法

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP