ホーム > 島めぐり > 西之島 新島 海図作製のための調査を行います 海上保安庁
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

西之島 新島 海図作製のための調査を行います 海上保安庁


西之島の海図作製のための調査を行います 海上保安庁 2016年10月22日~2016年11月10日



海上保安庁では、2016年10月22日から 2016年11月10日の間、測量船 「昭洋」、及び、航空機「MA725」により、西之島及びその周辺海域において水深等の調査を行います

西之島では、20135年11月に噴火を開始しましたが、2015年11月を最後に噴気等は確認されておらず、静穏な状態が続いており、これまでに噴出した溶岩等により新しく形成された陸地は、噴火前の旧西之島をほぼ覆い尽くすまで拡大しています


今回の調査は、西之島周辺海域の航行船舶の安全を確保するための海図を作製することを目的として実施するもので、水深調査を行うとともに、航空機による航空レーザー測量を行います

また、本調査にあわせ、国土地理院職員が乗船、国土地理院による地図作製のための調査も行うこととなっており、また、調査に際しては、衛星測位観測や潮汐観測等、上陸を伴う作業を予定しています



1.調査期間 平成28年10月22日(土)~11月10日(木)の20日間
2.使用船舶及び航空機 海上保安庁海洋情報部所属 測量船「昭洋」(3000トン)及び搭載艇
第三管区海上保安本部羽田航空基地所属 航空機「MA725」
3.主な調査内容 沿岸部の水深調査:西之島周辺海域において測量船搭載の機器により音波で水深を測る。
航空レーザー測量:航空機搭載の機器により、西之島周辺のごく浅い海域の水深、海岸線等のデータを取得する。


(左上) 測量船「昭洋」(右上) 航空機「MA725」
(左下) 沿岸部の水深調査(右下) 航空レーザー測量

                           (左上) 測量船「昭洋」                                                      (右上) 航空機「MA725」
                           (左下) 沿岸部の水深調査                                                       (右下) 航空レーザー測量

「 西之島の海図作製のための調査を行います 海上保安庁 平成28年10月19日 」 より


目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 島めぐり > 西之島 新島 海図作製のための調査を行います 海上保安庁
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.
島めぐりの旅 日本の離島を訪ねて 目次
西之島 新島 画像で見る 現在の噴火のようす 最新情報 小笠原諸島
西之島 新島 地形図 海底地形図 衛星画像 小笠原諸島
西之島 新島 概要 位置 小笠原諸島
西之島 新島 今回の噴火後 初 上陸調査 地震計設置 生態系観察 前のページ
西之島 新島 海図作製のための調査を行います 海上保安庁 現在のページ
西之島 新島 気象庁 噴火警戒レベル 引き下げ 海上保安庁 航行警報 解除 次のページ
西之島 新島 写真で辿る 誕生から現在までの成長記録 小笠原諸島
西之島 新島 前回 (1973年) 噴火の概要 小笠原諸島

注. 東京都 小笠原諸島にあるのは、西之島 (にしのしま)、島根県 隠岐島(おきのしま)にあるのは、西ノ島 (にしのしま) です
西の島という表記は、日本の最も西の島 (与那国島(よなぐにじま)) というような相対表記で、島の名前(固有名詞)ではありません


関連情報サイト


気象庁 (Japan Meteorological Agency)
気象庁 噴火警報、噴火予報の発表状況
気象庁 著作権・リンク・個人情報保護について (商用利用可)
海上保安庁 広報 http://www.kaiho.mlit.go.jp/index.html
海上保安庁 海域火山データベース http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/list-2.htm
海上保安庁 海域火山データベース 西之島 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年10月19日

西之島の海図作製のための調査を行います 海上保安庁 平成28年10月19日


 海上保安庁では、10月22日から 11月10日の間、測量船 「昭洋」及び航空機「MA725」により、西之島及びその周辺海域において水深等の調査を行います。
 西之島では、平成25年11月に噴火を開始しましたが、平成27年11月を最後に噴気等は確認されておらず、静穏な状態が続いています。これまでに噴出した溶岩等により新しく形成された陸地は、噴火前の旧西之島をほぼ覆い尽くすまで拡大しました。
 今回の調査は、西之島周辺海域の航行船舶の安全を確保するための海図を作製することを目的として実施するもので、水深調査を行うとともに、航空機による航空レーザー測量を行います。本調査にあわせて国土地理院職員が乗船し、国土地理院による地図作製のための調査も行うこととしております。また、調査に際しては、衛星測位観測や潮汐観測等、上陸を伴う作業を行います。
 なお、海上保安庁では、平成27年6月22日から7月10日の間、当庁測量船「昭洋」搭載の無人調査艇により、西之島から約200m以遠の海域において水深の調査を実施しました。
1.調査期間
平成28年10月22日(土)~11月10日(木)の20日間
2.使用船舶及び航空機
海上保安庁海洋情報部所属 測量船「昭洋」(3000トン)及び搭載艇
第三管区海上保安本部羽田航空基地所属 航空機「MA725」
3.主な調査内容
○沿岸部の水深調査:西之島周辺海域において測量船搭載の機器により音波で水深を測る。
○航空レーザー測量:航空機搭載の機器により、西之島周辺のごく浅い海域の水深、海岸線等のデータを取得する。

「 http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h28/k20161019/k161019-1.pdf 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP