HPB19 | HPB18 コンテンツ一覧
ホーム > HPB19 > JavaScript 右クリックを禁止する
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

JavaScript 右クリックを禁止する


JavaScript 右クリックを禁止する



onContextMenu 説明



JavaScript の onContextMenu は、マウスで右クリックされた際に発生するイベントで、イベントからの戻り値が false の場合、右クリックメニューは表示されません

つまり、JavaScript を用いて、「onContextMenu="return false;"」 を記述することにより、記述した範囲(<body>=ページ)等で、右クリック禁止に設定することができます

(Mac版 Internet Explorer 5、Opera は、このイベントに対応していないため、右クリックメニューが表示されます)



onContextMenu 記述例



ページ(<body>部)全体を 右クリック禁止にする (おすすめ)



oncontextmenu の設定記述は、<head> 部 (<head> ~</head>の間)の任意の場所に、下記記述を追加しますします


記述場所 <head> 部
記述内容 <script type="text/javascript">
    <!--
        window.onload = function() {
            document.body.oncontextmenu = function () {
                return false;
            }
        }
    // -->
</script>



個別のコンテンツに対して 右クリック禁止にする



個別のコンテンツに対しての右クリックを禁止したい場合、<body> 部の各タグに、直接 「onContextMenu」 を記述しても、ブラウザ表示時には機能するようですが、「onContextMenu」 は、JavaScript ですので、<body> 部タグに直接記述した場合、ホームページビルダーでは、「onContextMenu」 の未定義エラーとなります


記述場所 <body> 部
書式 <タグ名 onContextMenu="イベント発生時の処理">
オブジェクト.oncontextmenu = "イベント発生時の処理"
記述例 <body>部全体に対して、右クリックを抑止する場合
<body oncontextmenu="return false">





右クリック禁止は無駄とか主張するサイトページを見かけますが、サイトの中味を見ると、やはりパクリサイト ・・・ 要は、自分が他人のコンテンツ(写真画像等)をパクるのが面倒になるので、そう主張しているだけ

見方を変えれば、パクリ行為に対して、右クリック禁止が有効であるからこそ、わざわざそんな主張をしているのでしょう

ガラス窓に鍵を掛けたって、簡単にガラスを割って入れるんだから意味ないよ ・・・ なんて、完全に どろぼうさんの論理ですね

パクリ行為を根絶するためにも、ホームページを作ったら、必ず右クリック禁止の設定をしておきましょう

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > HPB19 > JavaScript 右クリックを禁止する
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.
ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP