HPB19 | HPB18 コンテンツ一覧
ホーム > HPB19 > ホームページビルダー19 初期設定 自動的にサイトを開く 自動修正を行う
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

ホームページビルダー19 初期設定 自動的にサイトを開く 自動修正を行う




ホームページビルダー19 初期設定



ホームページビルダー19は、いくつかの初期設定を施すことによって、格段に使い易くなります

というより、出荷時設定のままでは、いくつか使い辛い点がありますので、ここで初期設定によって使い易くしましょう




自動的にサイト画面を開く 自動修正を行う



通常ホームページビルダーを起動しても、空白の画面が出るだけです
サイトを編集するためにホームページビルダーを起動するのですから、最初から、自動的にサイトを開いておいた方が、毎回サイトを選択して開く手間が省けます

また、ホームページビルダーには、HTMLの自動整形機能、構文エラーの自動修正機能があり、とても便利ですので、使用できるよう設定しておきましょう



ホームページビルダー19 ツール オプション




メニューバー「ツール」 → 「オプション」
とクリックする
一般オプション 自動的にサイト画面を開く 自動修正を行う

「一般」 タブ内、左上から、

「HTML ソースを自動整形する」に、チェックを付けます

「HTML 構文エラーを自動修正する」のチェックをはずし、 ※1
「HTML 構文エラー」 時の動作は、「すべてのエラーで、修正ダイアログを開く」を選択し、「背景色の規定値」を目立つよう赤等に設定しておきます

「一般」 タブ内、右下にある、
「起動時に前回使用したサイトを開く」 にチェックをつけます ※2
「操作の取り消し/やり直し」 は、最大数の「50」にします ※3


※1. HTML 構文エラーを自動修正してくれるというのは、一見便利なようですが、ホームページビルダーでは、しばしば、HTML 構文エラーを解消するために、問題のある部分を含んで、ばっさり削除されてしまうことがありますので、元の状態が分からなくなって、よけいな労力を要することがあります
※2. 「起動時に前回使用したサイトを開く」 にチェックをつけておかないと、前回作成したサイトの編集を行う為には、毎回、ホームページビルダーを起動する度に、メニューバーから 「サイト」 → 「サイトを開く」 をクリックする手間がかかります
※3. 「操作の取り消し/やり直し」 は、とても便利な機能で、間違えて修正しても、設定回数分、修正前に戻してくれます

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > HPB19 > ホームページビルダー19 初期設定 自動的にサイトを開く 自動修正を行う
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.
ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP