HPB19 | HPB18 コンテンツ一覧
ホーム > HPB18 > ホームページビルダー18 ページのSEO設定
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

ホームページビルダー18 ページのSEO設定




ホームページビルダー18 ページのSEO設定



「ページのSEO設定」は、ホームページ作成時に、作成した各ページそれぞれに対して必ず、設定しておくべきことになります

設定は簡単ですが、Google 、Yahoo! 等検索サイトが、各ページの内容を判別する際の重要な手掛かりとなるもので、検索ページに表示してもらうための必須設定項目です

Google 、Yahoo! 等検索サイトで検索した結果、上位(始めの方のページとか、ページの上の方)に表示されるように工夫してホームページを作成することをSEO対策と言います

ホームページビルダー18 での、「ページのSEO」設定は、このSEO対策の中でも、最も基本的な、かつ、最も重要な設定になります




ホームページビルダー18 のSEO設定項目、および、その説明



ホームページビルダー設定項目 HTML対応タグ名
ページタイトル <title>
キーワード <meta name="Keywords">
説明 <meta name="Description">


ホームページビルダーの、 ビジュアルサイトビュー(サイトの確認)画面、各ページの右クリックメニューで、「ページのSEO設定」を選択すると、1.ページタイトル、2.キーワード、3.説明、という設定項目があります

それぞれの設定内容が、1.<title>、2.<meta name="Keywords">、3.<meta name="Description">というそれぞれのタグに、埋め込まれます

これらの用途は、主として、検索サイト(検索エンジン)向けの記述設定となります
ただし、「ページタイトル」<title>は、検索結果表示のタイトル行に、しっかりした「説明」<meta name="Description">は、検索結果表示の文書の部分(スニペット)に、そのまま表示されます
文字列、文章の長短は、それぞれの検索結果表示欄に丁度納まる程度が好ましいのですが、あまりこだわる必要はありません


設定項目名 / タグ名 意味
ページタイトル
<title>
文字通りページのタイトル、ページの題名を記入するところです
ページの内容を簡潔に表す題名を設定しましょう
検索エンジンは、ここの内容を最も重視します
キーワード
<meta name="Keywords">
検索エンジンに引っ掛けてもらいたい単語(ワード)を羅列するところです
ポイントは、単語区切りにすること、10ワード程度に留めておく事
そのページの中でも使われていて、そのページを代表する重要な単語を、厳選して、書き並べておきましょう ※1
説明 (スニペット)
<meta name="Description">
ページ内容の要約文を記入します
人に見てもらうための文書には、冒頭に要約文を付けることが多いように、重要な文書であればある程、しっかりとした要約文が付けられます
同様に、ここの文書のしっかりしているページは、検索サイトでも高く評価されます
単語の羅列でなく、助詞、動詞をしっかり付けて、文書として、仕上げた方が有利です


Google 、Yahoo! 等検索サイトでは、「ページタイトル」<title>と「説明」<meta name="Description">これらのタグ情報は、重要情報として認識します
「キーワード」<meta name="Keywords">は、さほど重視されません
(タグ名については、参考記述です ここで意識する必要はありません)


ここでは、ホームページビルダー18 を用いて、それら重要キーワードを設定する、「ページのSEO設定」について、説明します


※1. かつて、検索エンジンに引っ掛けてもらいたいが故に、ページ内容と無関係に、検索頻度の多い単語を書き並べるという行為が流行ったため、現在、ここの設定内容は、ほとんど評価されませんが、何も入れないのも、もったいない話です
本文と関係の深い、できれば本文中でも使われている単語を、軽く記入しておきましょう




ホームページビルダー18 ページのSEO設定 設定の仕方




設定を行うページの長矢印の図形上で、
右クリックで、右クリックメニューを
出します

「ページのSEO設定」をクリックします
ホームページビルダー18 ページのSEO設定 SEO設定 入力




「ページタイトル」

の「文字列」に、ページのタイトル、例えば、
「ホームページビルダーのSEO対策」
とかを入力する

「キーワード」

の「文字列」に、そのページを表す象徴的な言葉、例えば、
「ホームページビルダー」、「SEO対策」
を入力する

「説明」

の「文字列」にそのページの説明、例えば、
「ホームページビルダーのSEO対策についての説明」
を入力する

「検索エンジンのロボット制御タグを設定する」

については、そのまま、チェックのついてない状態にする
(検索ページに表示されたくない場合は、チェックをつける)


ホームページビルダー18 ページのSEO設定 入力例




入力例です

「OK」をクリックして、終了です

「検索エンジンのロボット制御タグを設定する」


ここから上は、SEO対策として、検索結果で上位になるための設定でしたが、ここから下は、逆に検索結果に出して欲しくない場合の設定になります


ここでの設定が、検索エンジンのロボット制御を行うための下記それぞれのタグに対応します

検索エンジンのロボット制御タグを設定する
(デフォルト設定の為、上下行同じです)
Robots index follow archive
? Robots index follow archive
このページを検索対象にしない Robots index follow archive
? Robots noindex follow archive
全てのリンク先を検索対象にしない Robots index follow archive
? Robots index nofollow archive
このページをキャッシュ対象にしない Robots index follow archive
? Robots index follow noarchive


それぞれのタグの意味は、以下になります

Robots Google Yahoo! を含め、全ての検索サイトに対する設定になります
各検索サイトでは、クローラーという行為によって世界中のホームページ情報を収集し、Google ではスパイダーと呼ぶロボットによって、ホームページの内容を解析し、各検索ワードに対する順位付けを行っています
noindex このページを検索サイトの検索用データベースへの登録を許可しない設定になります
これを設定すると、このページは、検索サイトの検索結果に出てこなくなります
nofollow 通常クローラーはホームページを見つけた際、そこからリンクされているページも分析しに行きます
この設定をすると、リンク先は見に行きません
noarchive 検索サイトでは、見つけたホームページ内容をそのまま自分のデータベースに一定期間保存(archive)します
これをキャッシュ(キャッシング)といいます
それにより、ホームページが一時的に見えなくなった際も過去データを見る事ができるのですが、逆に日々変動する価格情報など、過去データを見られたくないときに、これを設定しておくと保存されません


ホームページビルダー18 ページのSEO設定 検索エンジンのロボット制御タグを設定する




「検索エンジンのロボット制御タグを設定する」

「検索エンジンのロボット制御タグを設定する」にだけチェックを付けると、そのページのヘッダー部に、下記タグが書き込まれます

<meta name="Robots" content="index,follow">

意味は、
このページもインデックスしていいし、リンクを辿ってその先のページを分析してもいいよとなります

これは、検索サイトのデフォルトの動作ですので、わざわざ指定する意味はありません
ホームページビルダー18 ページのSEO設定 このページを検索対象にしない




「このページを検索対象にしない」


「このページを検索対象にしない」にチェックを付けると、そのページのヘッダー部に、下記タグが書き込まれます

<meta name="Robots" content="follow,noindex">

意味は、このページがインデックスされることは許可しないになります
ホームページビルダー18 ページのSEO設定 全てのリンク先を検索対象にしない




「全てのリンク先を検索対象にしない」


「全てのリンク先を検索対象にしない」にチェックを付けると、そのページのヘッダー部に、下記タグが書き込まれます

<meta name="Robots" content="index,nofollow">

意味は、このページにあるリンクを辿ってその先にあるページを分析しに行ってはいけないになります
ホームページビルダー18 ページのSEO設定 このページをキャッシュ対象にしない




「このページをキャッシュ対象にしない」


「このページをキャッシュ対象にしない」にチェックを付けると、そのページのヘッダー部に、下記タグが書き込まれます

<meta name="Robots" content="index,follow,noarchive">

意味は、このページをアーカイブとして保存しないで下さいになります
ホームページビルダー18 ページのSEO設定 検索結果に表示されないための設定




通常は、内部用のページ等で、検索結果に表示して欲しくないような場合に、

「検索エンジンのロボット制御タグを設定する」
「このページを検索対象にしない」
「全てのリンク先を検索対象にしない」
「このページをキャッシュ対象にしない」

全部にチェックを付けます


ヘッダー部には、下記タグが書き込まれます

<meta name="Robots" content="noindex,nofollow,noarchive">

(ご参考)SEO対策について、もっと詳しくお知りになりたい方は、後述の「SEO対策 SEO(検索エンジン最適化)とは」をご参照下さい

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > HPB18 > ホームページビルダー18 ページのSEO設定
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.
ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP