ホーム > 島と火山 > 西之島 新島 地形図 海底地形図 海図 衛星画像 小笠原諸島
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

西之島 新島 地形図 海底地形図 海図 衛星画像 小笠原諸島


西之島 新島 海底地形図 鳥瞰図 2017年6月30日



西之島は、海底から計測すると、単体の比高約2500m、周辺の小海山も含めて1つの山体と捉えると富士山よりも大きい、比高4,000メートル 、直径30キロメートル、山頂部の火口地形は、直径約1キロメートルにもなる大海底火山で、海面に出ている西之島はその火口地形の一部にすぎません

周囲の海は、島の北方沖合い数百メートルまで水深10メートル未満の浅瀬で、1~2キロメートル沖まで水深30メートル程度の浅い海ですが、その先は火山体の急峻な斜面となり、一気に数千メートルの深海にまで落ち込みます


西之島 海底地形図 2017年6月30日 海上保安庁

西之島 海底地形図 2017年6月30日 海上保安庁

「 西之島の海図が完成 ~我が国の管轄海域が約50km2拡大~ 海上保安庁 平成29年6月21日 」 より


新たに作成されました 海図 「西之島」 と、10 m 間隔の等深線と彩色により海底の地形を詳細に表現した 海底地形図 「西之島」 の詳細記事につきましては、「 西之島 新島 海図完成 日本の管轄海域 (領海 + EEZ) 約 50km2 拡大 」 をご参照下さい 別タブ(ウィンドウ)が開きます



海底地形図や鳥瞰図を見ると、海面近くが平らに削られて、海面上に現れているのは極一部、周囲には水深10m以下の浅瀬(海底地形図で薄い水色表示されている部分です)が広がっていること、また、その姿は、山すそに寄生火山である宝永山を持つ富士山のように、西之島も山すそに西之島南海丘(西之島 海底地形図 右下)を持つものの、全体としては、きれいな円錐形をしたコニーデ型火山であることが良く分かります


西之島(西ノ島) 海底地形図 2015年2月23日 海上保安庁 現在、溶岩流が向かい、陸地が拡大している西之島東側は、既に深海まで落ち込む崖地形の縁まで達していますので、西之島東側への拡大速度は、極端に遅くなりそうです

「海域火山データベース 海上保安庁海洋情報部」 より
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm#chikei







西之島 海底地形図 2015年2月23日 海上保安庁

現在、溶岩流が向かい、陸地が拡大している西之島東側は、既に深海まで落ち込む崖地形の縁まで達していますので、西之島東側への拡大速度は、極端に遅くなりそうです

西之島の北側には、まだ広い浅瀬がありますので、溶岩流が再び北側に向かうことを期待したいところです




今回(2014年~)の噴火前に作成された「海底地形図(2012年2月14日)」(下図)と比較すると、今回の噴火で、台地状地形の上で西之島(陸地)が一気に拡大したことが分かります



西之島(西ノ島) 新島 鳥瞰図1 西之島(西ノ島) 新島 海底地形図

西之島 鳥瞰図1 (2003年5月13日)



西之島 海底地形図 (2012年2月14日)


西之島(西ノ島) 新島 鳥瞰図2 小笠原諸島,西之島火山の地質学的特徴 西之島火山の地形

西之島 鳥瞰図2 (2003年5月13日)


西之島火山の地形 (2012年2月14日)


「海域火山データベース 海上保安庁海洋情報部」 より
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm#chikei
平成23年度海洋情報部研究成果発表会 平成24年2月14日(火) 海上保安庁
口頭発表(6)「小笠原諸島,西之島火山の地質学的特徴」 より




西之島火山の海面下地形変化 噴出物の総量 地震活動の状況 2015年10月20日



海上保安庁では、海上保安庁海洋情報部所属測量船「昭洋」、および、無人調査艇「マンボウⅡ」により、2015年6月22日から2015年7月9日、西之島周辺の海底地形調査、海底地震観測等の調査を実施しました

西之島では、噴火開始以来大量の溶岩を流出させて陸地が大きく拡大、2年近くが経過した現在も活発な噴火活動を継続しています

今回の調査結果は、噴火開始以来全く情報がなかった西之島火山の海面下の海底地形変化等に関する初めての科学的情報で、得られた島周辺の海底地形や西之島火山の地下構造等の調査データは、火山活動状況の総合的な把握に不可欠な資料となるとともに、海上交通安全の基礎資料として活用されます



噴火開始以降の海底 地形 の変化



平坦かつ浅い地形が発達する島の北~西方は、距岸 200m 以遠ではほとんど水深の変化は認められません

急斜面の海底に対して陸地が拡大した島東~南方では、水深数十 m(最大約 80m )浅くなり、よ急傾斜の斜面が形成されています



噴出物の量推定



今回の噴火(2015年7月時点まで)による噴出物の量として、海面下の体積 0.74億m3、陸上部の体積 0.85億m3で、合わせて、 1.6億m3と推定され、全てを溶岩流による堆積物と仮定しますと、総重量は約 4億t、40年前の西之島の噴火の噴出物の量は 、体積 0.17 億m3、重量 0.43 億tでしたので、今回の噴出物量は、前回(40年前)の約 9倍となります

戦後に、日本で発生した噴火の中では、 雲仙普賢岳の噴火( 1990年~1995年)の約 6億tについで多い量となります


火山名 噴火年 噴出量 出典
体積※ 重量
霧島新燃岳 2011 0.17 億m3 0.43 億t 3
雲仙普賢岳 1990-95 2.40 億m3 6.0  億t 2
伊豆大島 1986 0.29 億m3 0.73 億t 3
三宅島 1983 0.12 億m3 0.30 億t 3
有珠山 1977 0.40 億m3 1.0  億t 3
西之島 新島 (前回40年前) 1973-74 0.17 億m3 0.43 億t 1
三宅島 1962 0.07 億m3 0.2  億t 3
伊豆大島 1950-51 0.24 億m3 0.6  億t 3
桜島 1946 1.0  億m3 2.5  億t 3
薩摩硫黄島 (昭和硫黄島) 1934-35 2.6  億m3 6.5  億t 2
北海道駒ケ岳 1929 1.4  億m3 3.5 億t 3
桜島 1914 15.8 億m3 40  億t 3

※.溶岩換算体積

出典

1 海上保安庁水路部・文部省総合研究班(1976)西之島火山の最近の状況. 火山噴火予知連絡会会報, 5, 10-23
2 産業技術総合研究所 1万年噴火イベントデータ集(ver. 2.2) https://
gbank.gsj.jp/volcano/eruption/index.html
3 気象庁(2012)日本活火山総覧(第4版)

過去約100年間に日本で発生した主な火山噴火と噴出量 「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より




西之島周辺海域の調査の概要 西之島海底地形図 2015年6月~7月測量 無人測量船「マンボウⅡによる測深結果」 「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より





西之島周辺海域の調査の概要

西之島海底地形図
2015年6月~7月測量
無人測量船「マンボウⅡによる測深結果」

「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より


海底地形動画
1分20秒 [17.2M]

「海上保安庁 海域火山データベース 西之島」 より


噴火前と平成27年7月時点の地形の比較 「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より 噴火前と平成27年7月時点の地形の比較

「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より

地形断面(上図)の位置は左図に示す 「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より




地形断面(上図)の位置は左図に示す
陸部の地形は国土地理院公表データ(平成27 年7 月28 日測量)

「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より

噴火前と平成27年7月との地形変化量の空間分布 「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より




噴火前と平成27年7月との地形変化量の空間分布
赤色が濃くなるほど変化量が大きい
等変化量線は青線、等高線は黒色で示す
陸部の地形は国土地理院公表データ

「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より

西之島(西ノ島)周辺 海底地震計の配置及びエアガン発震測線(赤線)


西之島周辺 海底地震計の配置及びエアガン発震測線(赤線)
青三角 :海上保安庁
黄三角 :他機関

「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より

西之島(西ノ島)周辺 海底地震計(St1)で得られたエアガン発震の記録


西之島周辺 海底地震計(St1)で得られたエアガン発震の記録(左図)

「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より

西之島(西ノ島)周辺 海底地震計(St1)の記録から推定される地震波の減衰域(左図の赤い影で示した領域)


西之島周辺 海底地震計(St1)の記録から推定される地震波の減衰域(左図の赤い影で示した領域)

記録上端のA~D は、左上図
「西之島周辺 海底地震計(St1)で得られたエアガン発震の記録」のA~D の位置に対応する
エアガン発震の記録にある黒矢印の区間では、受振信号の振幅が小さくなっている

「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より





「西之島周辺海域の調査の概要」 「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より
「測量船 昭洋」 「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より「無人調査船 マンボウII」 「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より

「西之島周辺海域の調査の概要」 「海上保安庁 西之島周辺の海底調査データの解析結果について 平成27年10月20日」 より





西之島 新島 海図完成 日本の管轄海域 (領海 + EEZ) 約 50km2 拡大 2017年6月30日



海上保安庁が、一旦噴火活動が納まっていた、2016年10月22日から 2016年11月10日の間、測量船 「昭洋」、及び、航空機「MA725」を用いて、西之島、及び、その周辺海域において水深等の調査を行った結果作成された、最新の 西之島 (新島) 周辺の海図です

拡大した西之島が記載された海図は、我が国の管轄海域 (領海 と 排他的経済水域 ( EEZ ))の面積が 約 50 km2 拡大したことを示す根拠になります


海上保安庁が、一旦噴火活動が納まっていた、2016年10月22日から 2016年11月10日の間、測量船 「昭洋」、及び、航空機「MA725」を用いて、西之島、及び、その周辺海域において水深等の調査を行った結果作成された、最新の 西之島 (新島) 周辺の海図です

「 西之島の海図が完成 ~我が国の管轄海域が約50km2拡大~ 海上保安庁 平成29年6月21日 」 より



新たに作成されました 海図 「西之島」 と、10 m 間隔の等深線と彩色により海底の地形を詳細に表現した 海底地形図 「西之島」 の詳細記事につきましては、「 西之島 新島 海図完成 日本の管轄海域 (領海 + EEZ) 約 50km2 拡大 」 をご参照下さい 別タブ(ウィンドウ)が開きます





西之島 新島 地形図 2013年11月21日 ~ 2015年3月25日



西之島 新島 最新地形図の時系列での遷移で、西之島 新島 の拡大していった様子が分かります
上記、海底地形図では、白い台地状になっている部分(浅い海)の中に、ぽつんと小さく飛び出している陸上部分になります


西之島(西ノ島) 新島 地形図 2013年11月21日~2014年1月20日西之島(西ノ島) 新島 地形図 2014年2月3日~2014年9月17日



「「西之島」の変化 平成25年(2013年)11月20日~平成27年(2015年)3月25日」 赤線は 2015年3月25日現在の 陸地 の外縁 (海上保安庁発表)

「「西之島」の変化 平成25年(2013年)11月20日~平成27年(2015年)3月25日」 凡例
「「西之島」の変化 平成25年(2013年)11月20日~平成27年(2015年)3月25日
赤線は 2015年3月25日現在の 陸地 の外縁」

「「西之島」の変化 平成25年(2013年)11月20日~平成27年(2015年)3月25日 海上保安庁」より






西之島 新島 最新合成開口レーダ画像 2014年12月10日



下記は、2014年12月10日、陸域観測技術衛星2号 「だいち2号」 (ALOS-2)の Lバンド地表可視化レーダ(合成開口レーダ)が捉えた 西之島 の画像を元に、海上保安庁が作成した画像資料です

分解能が1~3mの為、航空写真並みとはいきませんが、やや南西寄りにある火口丘を中心に円形に島が形成された(少し盛り上がって見えています)後、北方、東方へ拡大、特に北方へは溶岩流が筋となって大量に流れ陸地が拡大していった様子が、良く分かります
(赤線は、2014年10月16日、黄線は、2014年12月10日の海岸線、左中央部の黄線で囲まれた領域は、わずかに顔を出している西之島旧島高台部分)


「だいち2号」が観測した拡大を続ける西之島
大きさ 東西方向 1,760m 南北方向 1,820m
面積 新たな陸地 2.24平方km 旧西之島 1.04平方km
合計 2.28平方km
ALOS2 Data 2014.12.10 昼パス U2-9 38.2°D左 Geotif
海上保安庁航空機による観測結果 赤色 2014.10.17
作成 海上保安庁 ©JAXA  原初データ ©JAXA  本成果は、火山噴火予知連絡会衛星解析グループの活動によるものです
「海域火山データベース 海上保安庁海洋情報部 画像コンテンツ」より
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/
GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm#chikei

参考データー 「だいち2号」が観測した拡大を続ける西之島
素材番号 P100009475 素材種別 観測データ
撮影日 2014/11/09
カテゴリ 人工衛星・探査機 > 地球観測衛星 > 陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)
内容 「だいち2号」PALSAR-2が観測した、拡大を続ける西ノ島の様子
クレジット JAXA
利用可能範囲 報道・教育使用可能(商業目的使用不可)
JAXAデジタルアーカイブス

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 島と火山 > 西之島 新島 地形図 海底地形図 海図 衛星画像 小笠原諸島
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.
島と火山 日本の離島 火山を訪ねて 目次
西之島 新島 画像で見る 現在の噴火のようす 最新情報 小笠原諸島 前のページ
西之島 新島 地形図 海底地形図 海図 衛星画像 小笠原諸島 現在のページ
西之島 新島 概要 位置 小笠原諸島 次のページ
西之島 新島 海図完成 日本の管轄海域(領海 + EEZ) 約 50km2 拡大
西之島 新島 再噴火 1年5ヶ月ぶり 火口周辺警報 航行警報発令
西之島 新島 噴火が一時的に納まり 沈静化していた頃の様子
西之島 新島 今回の噴火後 初 上陸調査 地震計設置 生態系観察
西之島 新島 気象庁 噴火警戒レベル 引き下げ 海上保安庁 航行警報 解除
西之島 新島 噴火が続き 面積を拡大させていた頃の様子
西之島 新島 前回 (1973年) 噴火の概要 小笠原諸島
西之島 新島 写真で辿る 誕生から現在までの成長記録 小笠原諸島

注. 東京都 小笠原諸島にあるのは、西之島 (にしのしま)、島根県 隠岐島(おきのしま)にあるのは、西ノ島 (にしのしま) です
西の島という表記は、日本の最も西の島 (与那国島(よなぐにじま)) というような相対表記で、島の名前(固有名詞)ではありません


関連情報サイト


気象庁 (Japan Meteorological Agency)
気象庁 噴火警報、噴火予報の発表状況
気象庁 著作権・リンク・個人情報保護について (商用利用可)
海上保安庁 広報 http://www.kaiho.mlit.go.jp/index.html
海上保安庁 海域火山データベース http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/list-2.htm
海上保安庁 海域火山データベース 西之島 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2017年6月21日

西之島の海図が完成 ~我が国の管轄海域が約50km2拡大~ 海上保安庁 平成29年6月21日


 海上保安庁は、火山活動により島の形状が変化した西之島の測量を行い、その成果をまとめた海図を6月30日に発行します。今回発行する図は、船舶の航海に使用する海図「西之島」と、海底の詳細な地形を現した海底地形図「西之島」です。
 海図は、我が国の管轄海域の面積が約50km2 拡大することの根拠となります。
 平成25 (2013)年11月に火山活動を始めた西之島は、これまでに噴出した溶岩等により噴火前の旧西之島より大きく拡大しました。
 海上保安庁は、海図を作製するために測量船や航空機により水路測量を行い、今年4月の新たな噴火後も監視活動を続けています。
 新たな噴火前の測量成果を基に、6月30日、船舶の安全な航海を行うために使用する海図と、10 m間隔の等深線と彩色により海底の地形を詳細に表現した海底地形図を発行します。
 拡大した西之島が記載された海図は、我が国の管轄海域の面積が約50 k m2 拡大したことを示す根拠になります。
 また、最新の測量機器を用いて作製された海底地形図は、火山島である西之島周辺の起伏に富んだ海底地形の状況を詳細に描いています。
 西之島は現在も火山活動を継続しており、航海に使用する海図には、航海の安全を担保するため、噴火警報の範囲等現在の噴火活動に関する注意を記載しています。
 海上保安庁は、今後も海上交通の安全を確保しつつ監視を続け、火山活動が沈静化し、安全が確認された後に改めて水路測量を行い海図を更新する予定です。

※ 領海と排他的経済水域( EEZ )を合わせて「管轄海域」としています。

「 http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h29/k20170621/k170621-2.pdf 」 より


2015年10月20日

西之島周辺の海底調査データの解析結果について 海上保安庁 平成27年10月20日


 本年6月22日から7月9日の間、当庁海洋情報部所属測量船「昭洋」および無人調査艇「マンボウⅡ」により実施した西之島周辺の海底地形調査、海底地震観測等の調査(図1)で得られたデータの解析結果がまとまりました。
 西之島では、噴火開始以来大量の溶岩を流出させて陸地が大きく拡大し、2年近くが経過した現在も活発な噴火活動が継続しています。今回の調査結果は、噴火開始以来全く情報がなかった西之島火山の海面下の海底地形変化等に関する初めての科学的情報です。得られた島周辺の海底地形や西之島火山の地下構造等の調査データは、火山活動状況の総合的な把握に不可欠な資料となるとともに、海上交通安全の基礎資料として活用されます。

「 http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h27/k20151020/k151020-1.pdf 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP