ホーム > ASP > リダイレクト検証ツールを用いた広告出稿元ASPの調べ方
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

リダイレクト検証ツールを用いた広告出稿元ASPの調べ方


広告出稿元ASPの調べ方



通常、広告の上にマウスカーソルを移動すると、リンク先のURLが、ブラウザ最下行のシステムラインに表示されます
下の広告の場合、「http://pz.a8.net/svt/ejp?a8mat=~」と表示されており、「A8.net」ASP提供の広告と分かります

リンク先のURLが、ブラウザ最下行のシステムラインに表示される


ところが、直接ASPサイトをリンクせずに、リダイレクトされている場合、ASPサイトのURLではなく、その広告を表示しているサイトのURLが表示されている場合があります

リダイレクトされている場合は、そのリダイレクト先にASPサイトがありますので、リダイレクト先を調べる必要があります
それを調べるためのツールが、「リダイレクト検証ツール」です




リダイレクト検証ツールを使用して、リダイレクト先ASPを調べる



リダイレクト先ASPを調べるには、「リダイレクト検証ツール SEO 検索エンジン最適化」にて無料で提供されている、下記、「リダイレクト検証ツール」を利用します

ASPを調べたい広告の上で、右クリックメニューから、「ショートカットのコピー」をクリックし、下記の空欄にペーストします
「解析」をクリックすると、リダイレクト先が一覧表示されますので、その中から、ASPのURLを探します


リダイレクト検証ツール





実際に表示されている広告がASPで提供されていない場合



 1.クローズド案件
ASPサイトの検索画面で広告を検索しても表示さrない、つまり、一般に募集していない案件をクローズド案件といいます
クローズド案件は、成果数が多い、アクセス数が多い、クリック率が高いなど広告主にとって良質なサイトであること必要で、条件に合っている場合、ASP側の担当者から案内のメールが送られてきます

 2.新規募集していない
過去に募集していたが、広告主の都合等で、現在、新規では募集していないものがあります

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ASP > リダイレクト検証ツールを用いた広告出稿元ASPの調べ方
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP
ページTOP
ページTOP