ホーム > ASP > アフィリエイト(ASP)広告収入の実態 実状
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

アフィリエイト(ASP)広告収入の実態 実状


インターネット広告費 1兆1594億円 前年比 10.2%増 2016年2月23日



電通が 2016年2月23日3日発表した、 「2015年 日本の広告費」によりますと、2015年の日本の総広告費は、前年比0.3%増の6兆1710億円と、ほぼ横ばいでした

媒体別えは、衛星メディア関連を含むマスコミ四媒体広告費は2兆8699億円(前年比 2.4%減)、インターネット広告費は1兆1594億円(同10.2%増)、プロモーションメディア広告費は2兆1417億円(同0.9%減)で、インターネット広告費以外はマイナス成長となっています

マスコミ四媒体については、新聞広告費が5679億円(同6.2%減)、雑誌広告費が2443億円(同2.3%減)、ラジオ広告費が1254億円(同1.4%減)、テレビメディア広告費(地上波テレビ+衛星メディア関連)が1兆9323億円(同1.2%減)で、特に大幅減となった新聞は、購読部数の減少や前年の消費増税前の駆け込み需要、衆院選効果による反動などが影響、長期的にも減少傾向です

インターネット広告費に関しては、広告媒体費が9194億円(同11.5%増)で、そのうち検索連動広告などの運用型広告費は6226億円(同21.9%増)と大きく伸び、スマートフォン広告市場の拡大や動画広告市場の成長、プログラマティック広告取引(オーディエンスデータに基づいて自動的に広告枠の買い付けを可能にする取引形態)の浸透が進んだことが要因としています




インターネット広告費 初の1兆円超え 総広告費は3年連続増加 2015年2月24日



電通が 2015年2月24日発表した、 「2014年 日本の広告費」によりますと、総広告費は、6兆1522億円と前年比2.9%増で、3年連続で前年比プラス、インターネット広告費は、前年比12.1%増の1兆519億円と、初めて1兆円を超えました

媒体別で最も高い成長率だったのはインターネットで、スマートフォンや動画広告、新しいアドテクノロジーを利用した広告、スマートフォン向け検索連動広告やDSPが大きく伸長し、枠売り広告やアフィリエイト広告も堅調でした




日本の広告費、2年連続で増加 ネット広告は堅調、単価上がらず制作費は横ばい 2014年2月21日



電通 2014年2月20日発表した、「 2013年 日本の広告費 」によると、2013年の日本の広告費は2年連続で前年を上回り、特にインターネット広告は前年比8.1%増となりました

総広告費は、前年比1.4%増の5兆9762億円で、2年連続で前年を上回わり、「アベノミクス」効果による持続的な景気回復傾向と、消費税増税前の駆け込み需要が要因と分析しています

インターネット広告費は、8.1%増の9381億円で、従来の枠売り広告は頭打ちになる一方、検索連動広告や一部アドネットワーク、DPS/SSPなどデータ解析に基づき配信を最適化する運用型広告の利用は増加しています

デバイスの多様化やSNSの浸透により、インターネット広告の制作費は、2178億円(6.2%増)に伸びましたが、成長率は鈍化傾向で、案件数は増加しても、大型案件の減少や制作単価の下落が続いており、運用型広告を筆頭に、制作・運用のコストパフォーマンスが重視される傾向があるとしています




アフィリエイターの実態



アフィリエイト(ASP)収入の実状、アフィリエイターの実態について、「アフィリエイトアンケート2013」 を基にまとめています


1.サイトの運営形態


  個人アフィリエイター   77 %
  個人事業主   19 %
  法人サイト運営者    4 %

 3分の2の人が、事業としてではなく、個人として運営していることが分かります
 ここに、個人での参入、成功の余地があります


2.アフィリエイト歴


累積
  10年以上    9 %    9 %
  5年~9年   26 %   35 %
  4年~5年    9 %   44 %
  3年~4年    7 %   51 %
  2年~3年   14 %   65 %
  1年~2年   15 %   80 %
  半年~1年    8 %   88 %
  ~半年    9 %   97 %

 5年以上前から始めている人が3分の1強、残りは、始めて5年以内と分かります
 これから始めても、まだまだ追い越すチャンスがあるということです


3.スマホ専用/対応サイト所持率


  持っている   63 %
  持っていない   37 %

 3分の2近くのサイトで、スマホに対応しています
 今の時代、スマホを無視できないということでしょうか
 ただし、「アフィリエイトアンケート2013」には、興味深い記事が載っていますので、下記に引用しておきます

「とくにアフィリエイト収入が多い方でスマホ対応率が高めですが、一番の高額収入層(月100万円以上)のグループのみスマホ対応率が低いという結果も出ました。」 (「アフィリエイトアンケート2013」より引用)

 つまり、そこそこの収入を狙うには、スマホ対応が有効ですが、本当の高額収入を狙うのであれば、
 PCに特化した方が良い
 スマホ対応に時間を割かれるくらいなら、PCサイトの充実に努めた方が良い・・・ということでしょうか


4.注力広告主数


累積
  50社以上    3 %    3 %
  ~50社    5 %    8 %
  ~20社    7 %   15 %
  ~10社   32 %   47 %
  ~5社   49 %   96 %
  1社のみ    4 %  100 %

 85%の方が、10社以内に注力しているということですね
 力を分散させない方が良いということでしょうか


5.アフィリエイト収入(月額)


累積
  100万円以上    3 %    3 %
  ~100万円    3 %    6 %
  ~50万円    2 %    8 %
  ~30万円    8 %   16 %
  ~10万円   18 %   34 %
  ~3万円   10 %   44 %
  ~1万円   11 %   55 %
  ~5千円   16 %   71 %
  ~1千円   18 %   89 %
  0   11 %  100 %

 これからアフィリエイトを始めようという方が最も気になる数字だと思います
 45%の方が、1万円以内の収入。お小遣い稼ぎといったところでしょうか
 36%の方が、1万円~30万円の収入。副収入、副業といえる水準になっています
 8%の方は、30万円以上の収入を得ています。この水準になると、これだけで、生活できそうですね
 10万円以上という見方をすると、16%になります

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > ASP > アフィリエイト(ASP)広告収入の実態 実状
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

参考情報


ネットお小遣い稼ぎで100万円 副業でおこづかい稼ぎ!

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年2月23日 2015年の日本の総広告費は? 電通発表 ITmedia 2月23日(火)16時41分

 広告代理店大手の電通は2月23日、2015年の日本の総広告費を発表した。前年比0.3%増の6兆1710億円と、ほぼ横ばいだった。
 媒体別に見ると、衛星メディア関連を含むマスコミ四媒体広告費は2兆8699億円(前年比2.4%減)、インターネット広告費は1兆1594億円(同10.2%増)、プロモーションメディア広告費は2兆1417億円(0.9%減)で、インターネット以外はマイナス成長となった。
 マスコミ四媒体については、新聞広告費が5679億円(同6.2%減)、雑誌広告費が2443億円(同2.3%減)、ラジオ広告費が1254億円(同1.4%減)、テレビメディア広告費(地上波テレビ+衛星メディア関連)が1兆9323億円(同1.2%減)だった。特に大幅減となった新聞は、購読部数の減少や前年の消費増税前の駆け込み需要、衆院選効果による反動などが影響、長期的な減少傾向にあるという。
 インターネットに関しては、広告媒体費が9194億円(同11.5%増)で、そのうち検索連動広告などの運用型広告費は6226億円(同21.9%増)と大きく伸びた。スマートフォン広告市場の拡大や動画広告市場の成長、プログラマティック広告取引(オーディエンスデータに基づいて自動的に広告枠の買い付けを可能にする取引形態)の浸透が進んだことが要因としている。
 そのほか、前年と比べて伸びたのは、屋外広告(3188億円、0.5%増)、フリーマガジン(1573億円、0.7%増)、デジタルサイネージなどのPOP(1970億円、0.3%増)、展示・映像(3062億円、7.7%増)だった。


2015年2月24日 ネット広告、初の1兆円超え 総広告費は3年連続増加 電通「日本の広告費」 ITmedia 2月24日(火)15時44分

 電通は2月24日、2014年の日本の広告費を推定した「2014年日本の広告費」を発表した。総広告費は6兆1522億円と前年比2.9%増で、3年連続で前年比プラスに。インターネット広告費は前年比12.1%増の1兆519億円と、初めて1兆円を超えた。
 媒体別で最も高い成長率だったのはインターネット。スマートフォンや動画広告、新しいアドテクノロジーを利用した広告が伸び、初めて1兆円を超えた。スマートフォン向け検索連動広告やDSPが大きく伸長し、枠売り広告やアフィリエイト広告も堅調だった。


2014年2月21日 日本の広告費、2年連続で増加 ネット広告は堅調、単価上がらず制作費は横ばい ITmedia 2014年02月21日 16時48分

電通の「日本の広告費」によると、2013年の日本の広告費は2年連続で前年を上回り、特にネット広告は前年比8.1%増に。
 電通は2月20日、2013年の日本の広告費の金額と内訳を発表した。総広告費は前年比1.4%増の5兆9762億円で、2年連続で前年を上回った。「アベノミクス」効果による持続的な景気回復傾向と、消費税増税前の駆け込み需要が要因と分析している。


ページTOP
ページTOP
ページTOP