ホーム > 辞典 > シンドラーエレベータ 日本市場から撤退 日本オーチスが引き受け
目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページEND

シンドラーエレベータ 日本市場から撤退 日本オーチスが引き受け


シンドラーエレベータ 日本市場から撤退 日本オーチスが引き受け



2006年6月、毎日多くの人が利用、危険が潜んでいるなど思いもしないエレベーターで、東京都港区の男子高校生がエレベーターから降りようとしたところ、扉が開いたまま急上昇、建物の天井とエレベーターの床に挟まれ高校生が亡くなる事故が起き、それからわずか 6年後の 2012年10月にも、石川県金沢市のホテルで同様の死亡事故が起きました

この 2件の事故とも、エレベーターは、スイスのシンドラーエレベータ(シンドラー)製によるものでした


シンドラーは、2016年4月、日本市場から撤退することを表明、現在継続中の訴訟の対応をするため日本法人は存続させますが、販売や保守メンテは行わず、「日本オーチス ・ エレベータ」(日本オーチス)が、撤退するシンドラー昇降機(エレベーター、エスカレーター等)の保守メンテを引き受けることになりました



「日本オーチス ・ エレベータ」(日本オーチス) とは 世界一の高層ビルにも納入



2016年10月3日、日本オ−チスはシンドラーの昇降機(エレベーター、エスカレーター等)のサービス部門(2016年7月に分社化)とシンドラー子会社で昇降機保守メンテ専門の「マーキュリーアシェンソーレ」の買収を完了、約 600人の従業員も引き受けるとしています


オーチスは世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」(828メートル)にも納入している

オーチスは世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」(828メートル)にも納入している

シンドラー日本撤退、事業継承者の重い課題 オーチスは事故のイメージを払拭できるか 東洋経済 2016年10月9日 06:00 」 より

日本オーチスは、米重工大手のユナイテッド ・ テクノロジーズ ・ コーポレーションの昇降機部門「オーチス」の日本法人で、オーチスの売上高は、約 1兆2000億円(2015年)で、昇降機の世界シェアは首位、毎日 20億人を運んでいるといい、世界一高いビルのアラブ首長国連邦のブルジュ・ハリファなどにも納入しています


200以上の国と地域で製品を販売、昇降機を稼働させているオーチスにとって、日本は 5本の指に入る重要市場で、国内参入の歴史も古く、1896年に日本で初めてエレベーターを日本銀行本店に納入、1914年にも日本で初めてエスカレーターを日本橋三越呉服店(現 日本橋三越本店)に導入しています


日本オーチスの売上高は 599億円で、営業利益は、155億円(2015年)と高収益をあげており、日本国内でのシェアは、三菱電機、日立製作所、東芝に続く 4位グループで、フジテックなどと同規模とみられています


買収額や今後の売上規模の目標は明らかにしていませんが、日本オーチスのステファン ・ ド ・ モントリボール社長は、「自助努力では、この規模を獲得するのに 20年はかかっていただろう。それを一夜にして手にすることができた。成長を加速させる良い機会だ」と話しています

オーチスが重要視するのは単なる保守メンテではなく、更新工事(大規模なリニューアル)といわれるもので、部品交換だけなく、エレベーターの扉を変えたり、巻き上げ機や制御盤などの機器も省エネ性や安全性に優れたものに交換したりする工事を視野に入れています


保守メンテや更新工事を行う台数は、年々増加しており、エレベーターの保守台数は、2005年に 59万4365台だったものが、2015年には、72万4854台に拡大(日本エレベーター協会)、一方、新設は、2005年に 3万4813台だったものが、2015年には2万4343台に減少しており、縮小する新設工事をライバルたちと奪い合うよりも、更新工事で上乗せする方が効率的とみられています



日本オーチスは シンドラーエレベーターの 負のイメージを 払拭できるか



事故のあったシンドラーを引き受けることについて、日本オーチスのモントリボール社長は、「シンドラーブランドを買収するわけではない」とし、買収したシンドラーのサービス部門は、オーチス ・ エレベータサービスに会社名を変更、「新しい会社にすることで、過去ではなく将来に向けて注力する」(日本オーチス モントリボール社長)としています

当面はシンドラーの保守メンテが上乗せされることで、業績拡大が見込まれますが、更新工事は日本メーカーも力を入れているところで、日本の場合、製品を納入したメーカーが自社で保守メンテを引き受けることが多いため、設置台数が多い三菱電機や日立製作所、東芝が圧倒的に有利な状況です


日本オーチスのモントリボール社長は、「世界で 7社と戦っているが、日本はその 4社があり、特殊な市場」と厳しい競争環境を認識しつつ、「オーチスは昇降機でグローバルリーダーだ。日本のニーズに技術力や専門性で貢献したい」と語っています

シンドラー製のエレベーターで起きた死亡事故は、いまだに強烈な印象を残しており、決して良好とは言いがたい過去のイメージから脱却し、成長につなげることができるか、今後の動向を注視したいところです

目次 | 元のページ 前のページ | 次のページ サイトマップ | ページTOP
ホーム > 辞典 > シンドラーエレベータ 日本市場から撤退 日本オーチスが引き受け
   

© 2014 abhp.net All Rights Reserved.

コンテンツ一覧

ページTOP
ページTOP

関連記事

ページTOP


関連記事を下記に紹介します



2016年10月9日

シンドラー日本撤退、事業継承者の重い課題 オーチスは事故のイメージを払拭できるか 東洋経済 2016年10月9日 06:00


 2006年6月、毎日多くの人が利用する”安全な乗り物“と思われていた昇降機で、東京都港区の男子高校生が亡くなる悲惨な事故が起きた。高校生がエレベーターから降りようとしたところ、扉が開いたまま急上昇し、建物の天井とエレベーターの床に挟まれたのだ。
 それからわずか6年後。2012年10月にも石川県金沢市のホテルでも同様の死亡事故が起きている。この2件の事故はスイスのシンドラーエレベータ(シンドラー)製によるものだった。
 シンドラーは2016年4月に日本市場から撤退することを明らかにした。現在継続中の訴訟の対応をするため日本法人は存続させるが、販売や保守メンテは行わない。撤退するシンドラーの保守メンテを引き受けるのが「日本オーチス・エレベータ(日本オーチス)」だ。
 オーチスは世界一の高層ビルにも納入
 10月3日、日本オ−チスはシンドラーの昇降機のサービス部門(7月に分社化)とシンドラー子会社で昇降機(エレベーター、エスカレーターなど)の保守メンテ専門の「マーキュリーアシェンソーレ」の買収完了を発表した。約600人の従業員も引き受ける。

シンドラー日本撤退、事業継承者の重い課題 オーチスは事故のイメージを払拭できるか 東洋経済 2016年10月9日 06:00 」 より


ページTOP
ページTOP
ページTOP